暗号通貨を知人にすすめられたけど、なんでわざわざ暗号通貨を買わなきゃいけないの!?

 

日本円やドルなど今使っているお金でいいじゃない!と思いますよね。

 

そう思っている人にもわかる暗号通貨の解説と暗号通貨を購入することのメリットを書きますね。

暗号通貨って何?

出典@pinterest

私たちが日常的に使っているお金は「法定通貨」と呼ばれるお金です。

 

日本の場合は、日本銀行が発行する日本銀行券や造幣局が製造している貨幣(硬貨)が、法定通貨にあたります。

 

日本なら円ですが、アメリカなら米ドル、イギリスならポンドといった通貨が、法定通貨と呼ばれるお金です。

 

これに対して仮想通貨とは、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことです。

 

仮想通貨と暗号通貨の違いとは?

 

結論から言うとこの二つには違いがありません。

 

仮想通貨とは先程言ったように特定の国家による価値の保証を持たない通貨のことを指します。

 

そして暗号通貨とは、暗号を利用して、偽造したり、 情報を書き換えたりできないようにしているために暗号通貨と呼ばれています。

 

 英語では(cryptocurrencyクリプトカレンシー)と呼ばれていて cryptoは暗号の意味、currencyは通貨の意味となります。

 

ですので海外では暗号通貨と言う呼び名が当たり前になっていて、仮想通貨は日本独自の呼び方であったりします。

 

マスメディアなどがより一般の人にイメージしやすい名称として好んで用いているようですよ。

 

暗号通貨が生まれたきっかけは?

最初に生まれた暗号通貨はビットコインです。

 

誕生のきっかけは一説によるとリーマンショック(アメリカのバブル崩壊)が原因で人々が金融機関を信用できなくなったことが原因と言われています。

 

ですので歴史的にはとても浅く、2009年にビットコインが初めて『発行』されます。

 

誕生のきっかけについてはとても面白い話があるのでそれはまた別の機会に^^

 

暗号通貨を副業(投資)として購入することのメリットは?

 

気になるメリットですよね。

 

両替して持っておくだけで勝手に価値が上がる。

 

以前の記事で暗号通貨のバブルが近い将来に来る、既にビットコインは今年になって劇的に高騰しているという記事を書きました。

 

ただ単純に、自分のお金を暗号通貨に換えてもっているだけで、価値が上がるということですね。

 

例えばビットコインは2017年の4月には99,000円だったのが、8月には350,000円になりました。

2017年の4月に100万円ぶんのビットコインを買っていたら350万円になっているってことですよね。

 

これってすごいことですよね!

 

100万円を日本円で銀行に預けて置いたら100万円は変わらず100万円ですよね。

 

ですが、これをビットコインに換えて持っているだけで350万円になるんです!

 

これだけのことなんです!

 

何にもしないので両替して持っておくだけでこんなにもお金が増えるならば誰でも始めますよね!

 

ここで重要なのが、ビットコインやイーサリアムやリップルなど既に公開されたコインを持っているのもそれだけでこれからも更に価値は上がるのでおすすめしますが、

 

少ないお金を大きな価値にしたいと思ったら、もうビットコインやイーサリアムやリップルでは2倍~10倍がいいとこです。

 

大事なのは公開前のコインをとにかく価値の低い段階で買う事です!

 

ビットコインやイーサリアムやリップルはまさにそうでした。

 

半信半疑で持っていたビッコイン1万円分が1億円になったように。

 

これはどうすればできるかと言うと、公開前のコインを購入することです。

 

現在、暗号通貨は3000種類以上あると言われていますが、その中で価値のあるものと言ったら本当に数種類なんです。

 

それを見極めるのがとても難しいので、多くの人が手を出さないんですよね。

 

でも気持ちはわかりますよね!そんな訳の分からないものに自分の資産をかけられませんよね・・・

 

でも、自分にとって損はない程度の少額をかけるのはどうですか。

 

ビットコイン1万円分が1億円になったように、少額だけ購入しておくのはおすすめですよ。

 

今、買うならASECコインです。

 

ASECコインのことを詳しく知りたいなら仮想通貨長者.COMの無料メルマガを購読するのがおすすめです。

 

無料なのにこんなに充実しているの!?と思えるメルマガです(下記画像クリックで簡単にお申込できます)

 

 

まとめ

☆仮想通貨とは、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

☆仮想通貨と暗号通貨の呼び名に意味の違いはない。

☆暗号通貨が生まれたきっかけはリーマンショック(アメリカのバブル崩壊)が原因で人々が金融機関を信用できなくなったから

☆暗号通貨は両替して持っておくだけで価値が上がる

公開前のコインを購入することが一番お得な仮想通貨の買い方である!

〇仮想通貨のことを詳しく知りたい方はこちらがおすすめです。

仮想通貨長者.comの無料メルマガをおすすめする理由とは!?